模索舎WEB月報
TOPへ



 1年半ほど前、私が制作しているミニコミ誌「蜜月」の紹介文を「模索舎月報」に書かせていただきました。その直後が恐らく模索舎での「蜜月」の売り上げピークで(とはいえ大した部数ではない)、最近ではお店に顔を出せば、売上減少の理由を「制作に身が入ってないからだ」とまで言われる始末…。このまま模索舎との関係が下降線をたどっていくように思われたのですが…。
今回、第8回開高健ノンフィクション賞次点作で私の初の著書『ミドリさんとカラクリ屋敷』(集英社)の出版イベントのお誘いと共に、なんと、二度とくることはないだろうと思っていた「模索舎月報」の執筆依頼がきました! らしからず、ミニコミではなく「ちゃんと流通している本」のPRが今回の依頼内容です。
 なんだか1年半前(模索舎と関わりだした頃)には想像もできなかった展開になっています…。「その間にいったい何があったんだっけ?」と我ながら考えてしまう変わりようなので、この際、「模索舎」と「蜜月」を軸に『ミドリさんとカラクリ屋敷』が本になるまでのことを簡単に整理してみることにしました。
そもそも「蜜月」は、3年ほど前(08年夏)に、地域情報誌の記者をしていた仕事仲間同士で「自分の発信媒体がほしい!」という思いからつくりはじめました。その後、「蜜月」を続けながら、それぞれ別の出版社へと再就職してステップアップしてゆき、私は10年間取材を続けてすっかり虜になっていた「ミドリさんとカラクリ屋敷」をどうにか形にしたいという1人若干ずれた夢へと向かって突き進んでいきました。1年半前といえば、あと数ヶ月で作品を完成させて次のステップに進もうというプランがすでに自分の頭の中にできあがり、最後の追い込みにかかる直前に、私ははじめてふらりと模索舎を訪れたということになります。
その数ヶ月後には作品を完成させて、以前から憧れだった「開高健ノンフィクション賞」に記念応募しました(そのときは、こんなにすぐに結果がでるとは思ってもみなかった)。その頃模索舎は50周年を迎え、直後、私が次のステップへと踏み出すより前に集英社から連絡をいただき、1年かけて作品を本にすることになりました。
 どんな本なのかも書いておかなければならないので、最後に『ミドリさんとカラクリ屋敷』(集英社)について、概略を紹介します。
――湘南の住宅街に、屋根から電信柱の突き出た不思議な家が立っている。なぜ屋根から電信柱が突き出ているのだろう? その真相を突き止めるべく家を訪ねてみると、そこには家に負けないくらいに謎めいたミドリさんというお婆さんが住んでいたノ。ミドリさんのルーツ(北海道開拓の歴史が絡んでくる)を追いながら、カラクリ屋敷の秘密を解き明かしていくノンフィクション作品(実話)です。
 第8回開高健ノンフィクション賞次点作で、本の帯はノンフィクション作家の佐野眞一さんと脳科学者の茂木健一郎さんの推薦文付き。装丁は鈴木成一さん…と「豪華な本」に仕上がっています。発売2日後の5月28日に模索舎で行われる「出版記念トークイベント」に加えて、期間限定でお店で本を販売してくださるということなので、ぜひ模索舎で、「蜜月」とセットでご購入ください。    
 ――鈴木遥
(『ミドリさんとカラクリ屋敷』著者&『蜜月』編集者) ――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★イベントのお知らせ★
 『ミドリさんとカラクリ屋敷』(集英社)刊行記念イベント
HONEYMOON TALKSESSION 〜蜜月なお話し

〈出演〉
鈴木遥 (『ミドリさんとカラクリ屋敷』著者&『蜜月』編集者)
南陀楼綾繁(ライター・編集者)
〜お話し その2から 出演〜
刈部山本(『デウスエクスマキな食堂』 発行人&「結構人ミルクホール」店主)
日時:528日 18:00〜21:00
場所:模索舎 東京都新宿区新宿2-4-9 (地図
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


ミドリさんとカラクリ屋 敷

電信柱が突き出た家に住むミドリさんの正体は!?屋根から電信柱が突き出た不思議な家。そこに住む97歳の元気なおばあちゃん、ミドリ さん。27歳の著者は、謎多きこの家とミドリさんにひかれ、電信柱のお屋敷に通うようになる。そして・・・。
●「序章を読んで傑作の誕生を予感した」(佐野眞一氏)
●「ノンフィクションの新しい分野に挑んだ力作」(茂木健一郎氏)

蜜月  第6号(2010年夏)
蜜月  第5号(2010年初春)
蜜月  第4号(09年夏・秋)




ミドリさんとカラクリ屋 敷

電信柱が突き出た家に住むミドリさんの正体は!?屋根から電信柱が突き出た不思議な家。そこに住む97歳の元気なおばあちゃん、ミドリ さん。27歳の著者は、謎多きこの家とミドリさんにひかれ、電信柱のお屋敷に通うようになる。そして・・・。
●「序章を読んで傑作の誕生を予感した」(佐野眞一氏)
●「ノンフィクションの新しい分野に挑んだ力作」(茂木健一郎氏)

蜜月  第6号(2010年夏)
蜜月  第5号(2010年初春)
蜜月  第4号(09年夏・秋)






<   2011年5月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

リンク
★☆模索舎ブログ☆★


特集〜インタビュー・活動紹介など