Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








第八回 開高健ノンフィクション賞次点作品 『ミドリさんとカラクリ屋敷』(集英社)刊行記念イベント

honeymoon.jpg HONEYMOON

♥蜜月なお話し♥

 TALKSESSION

wekcome.jpg


♥蜜月なお話しをしませんか?
著作の制作エピソードからまち歩き、おいしいもの、カフェ、
一箱古本市、ミニコミ制作などなど…
『ミドリさんとカラクリ屋敷』著者にして雑誌『蜜月』編集者
でもある鈴木遥さんとゲストの方々が楽しくトークを繰り広げます。


お話しその1:『ミドリさんとカラクリ屋敷』が本になるまで
                       本の制作エピソード〜今後の展開までを語る
お話しその2:「書く」「作る」「発信する」こと
                    
ーミニコミ制作や一箱古本市などの活動紹介 -1人-からはじめることの可能性を考える

〈出演〉
鈴木遥 (『ミドリさんとカラクリ屋敷』著者&『蜜月』編集者)
略歴:1983年生まれ。雑誌の編集・ライターをしながら、ミニコミ誌「蜜月」の発行も手がけている。全国120地域以上の町並みをまわった経験も有り。

南陀楼綾繁(ライター・編集者)
略歴:1967年生まれ。『季刊・本とコンピュータ』誌の編集スタッフをへて、現在はフリーのライター・編集者。2005年にはじまった「不忍ブックストリートの一箱古本市」の発起人。「出版者ワークショップ」を主宰。著書『一箱古本市の歩きかた』、『路上派遊書日記』、『ナンダロウアヤシゲな日々』、編著『『出版業界最底辺日記』(塩山芳明著)などがある。

〜お話し その2から 出演〜
刈部山本(『デウスエクスマキな食堂』発行人&「結構人ミルクホール」店主)

※イベント当日、『ミドリさんとカラクリ屋敷』の販売をいたします。
ご購入の方には著者がサインいたします。蜜月な 関係になれる、かも?

※入場無料
日時:528日 18:00〜21:00
場所:模索舎 東京都新宿区新宿2-4-9 (地図) 
・JR新宿駅 東南口から徒歩8分
・地下鉄新宿三丁目駅/地下鉄新宿御苑駅から徒歩5分
予約・問合せ:模索舎 03-3352-3557/info@mosakusha.com
事前に予約された方には座席をご用意します。
※ご予約無しでもご入場できますが、立ち見になる場合がございます。できるだけ事前にご予約をお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★web版 模索舎月報から★
☆鈴木遥さんからweb版 模索舎月報に寄稿していただきました。
本の刊行に寄せて 「模索舎」と『ミドリさんとカラクリ屋敷』の蜜月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

< ミドリさんとカラクリ屋敷

電信柱が突き出た家に住むミドリさんの正体は!? 屋根から電信柱が突き出た不思議な家。そこに住む97歳の元気なおばあちゃん、ミドリさん。27歳の著者は、謎多きこの家とミドリさんにひかれ、電信柱のお屋敷に通うようになる。そして・・・。

●「序章を読んで傑作の誕生を予感した」(佐野眞一氏)

●「ノンフィクションの新しい分野に挑んだ力作」(茂木健一郎氏)

5月26日発売予定

<   2011年5月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報