目次:1.正義論としてのヘーゲル『法哲学』/2.正義論と時代診断の関連/3.近代の規範理論としての人倫の学説/訳者解説1.コミュニケーション的自由の政治思想-ホネットによるヘーゲル『法哲学』読解(大河内泰樹)/訳者解説2.ヘーゲル『法哲学要綱』とホネットの解釈(島崎隆)/

[2009年11月/A5H/183頁/¥2,200+110] 《ポイエーシス叢書》 著=A.ホネット  訳=島崎隆・明石英人・大河内泰樹 ・徳地真弥 発行=未來社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19140

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報