目次:ベンヤミンのロシア/ロシア未来派における芸術と社会-イタリア未来派と比較して/メイエルホリドについて-日本(演劇)との関係を中心に/トレチヤコフの討論劇『子どもがほしい!』/ロシアの絵本の魅力-ロシア・アヴァンギャルドの残したもの/ロシア・フォルマリズムとバフチン/「ともに」「さまざまな」声をだす-バフチンの対話的能動性と距離/対話的能動性と創造的社会-バフチン的社会学の今日的意味/危機の言語学/生成の場を「栖」とする人/

[2009年10月/四六H/325頁/¥3,000+150] 特集=桑野隆 発行=水声社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18755

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報