「ユダヤ国家」に抗うユダヤ人――ユダヤ人2000年来の流浪の歴史が生んだディアスポラ概念が現在、様々な理由で根を絶たれた人々の思想的支えになっている。その歴史的検証と、さらなる転用可能性を探る。

[2008年6月/四六判/424頁/¥4,800+240] 著=ジョナサン・ボヤーリン/ダニエル・ボヤーリン 訳=赤尾光春/早尾貴紀 発行=平凡社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18501

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報