唯の生

「殺す/殺さない」の正しい理由?人の生死を左右する処置を、誰が、どこまでなすべきか。さまざまな議論がなされ、種々の出来事が生じてきた。その軌跡を辿り、言えること言うべきことを言う。文部科学省科学研究費・基礎研究、立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学創生拠点――障老病異とともに暮らす世界へ」、立命館大学学術フロンティア・プロジェクトの「成果」による三部作第二弾(既刊『良い死』、近刊『生死本(仮)』)。

[2009年3月/A5/424頁/¥3,200+160] 著=立岩真也 発行=筑摩書房

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17896

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報