目次:ベンヤミンにおけるいくつかのモチーフについて/ベンヤミンとフロイト学派/フロイトのトラウマ理論/欲動の芸術論/フロイトの独創性/ビンスワンガーのフロイト批判/ヒステリーの美学/神経症の詩人ボードレール/『悪の華』の読者像とナシオの理論/二つの仮説-インポテンツとレスビアン=ヒーロー/ベンヤミンのボードレール像/ボードレールとレスビアン倒錯/男女の性別/アドリエンヌ・モイエの二つの発言/ラカンによるカントの盗用/ほか

[2009年5月/四六H/251頁/¥2,500+125] 著=三原弟平 訳=榊原達哉 発行=水声社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17639

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報