目次:第1章 ポストモダンの公私/今日のハイパーリアリティ/リゾーム化するサブカルチャー/ポストモダンの公私/第2章 神話の神話/リンクと想像力/喪の作業/時間操作/リズムの衝突/第3章 象徴的なものについて/感情資本・自己組織化・構造主義/擬似宗教/第4章 ネットワーク時代の文学─村上春樹前後/コミュニケーションの地平/ライトノベルとケータイ小説/村上春樹/ハードボイルド的主体性/第5章 ゲームが考える─美学的なもの/ゲームと機知/ルイス・キャロルの文学/

[2010年4月/四六H/325頁/¥1,900+95] 著=福嶋亮大 発行=青土社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/22691

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
ジャンル別新着情報


月別アーカイブ