目次:はじめに.竹内好と出会うということ/1.魯迅との出会い─「支那」と「中国」/2.周作人との出会い─日中戦争の文化空間/3.武田泰淳との出会い─人間と歴史/4.京都学派との出会い─「世界史」の書き換え/5.毛沢東との出会い─現代中国と「近代の超克」/6.岸信介との出会い─六〇年安保闘争と不服従の遺産/

[2010年1月/B6/220頁/¥1,300+65] 《河出ブックス010》 著=丸川哲史 発行=河出書房新社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19495

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報