●季報 唯物論研究 105

目次:巻頭エッセイ 地球温暖化と洞爺湖G8サミット=山口協力/自然についてー農業と教育に関連して=梅川邦夫/水俣ー人間再生の聖地=稲岡義朗/環境資本主義における食料危機ー遺伝子組み換え作物からバイオ燃料へ=大塚善樹/農業再建と協同組合運動=河野直践/複雑系と自然観の変革ー差別と戦争なき文明を目指して=小野暸/ほか

[2008年8月/A5/154頁/¥1,200] 特集=21世紀の自然観と新しい生活実践 責任編集=倉橋克禎・塩沢由典 編/発=季報『唯物論研究』刊行会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18825

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
ジャンル別新着情報


月別アーカイブ