模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆社会運動 2021-4(no.442)

 

[2021年4月/A5/140頁/¥1,100+110] 
特集=自助・共助・公助と生活クラブ 
発行=市民セクター政策機構

目次:
For Readers
『ビッグイシュー日本版』という雑誌を知っていますか | 白井和宏 (『社会運動』編集長)

I.原点から辿ってみる
自助・共助・公助の定義から始める | 宮本 太郎(中央大学教授)

II.生活クラブの現場から
1.コミュニティファームで自立と自給へ | 生活クラブ生協・山梨
2.子どもたちに安心して過ごせる居場所を | ワーカーズコレクティブみんなのたまご
3.反貧困の拠点は人・モノ・情報が集う場 | 反貧困ささえあい千葉
4.介護の現場から制度を見直す | アビリティクラブたすけあい
5.社会課題の可視化に挑む市民ファンド | かながわ生き活き市民基金

III.自助・共助・公助を問い直す
1.「自助・共助・公助」という分け方は適切なのか? | 二木 立(日本福祉大学名誉教授)
2.低所得者に冷たい日本の税・社会保障制度 | 大沢真理(東京大学名誉教授)
3.ケアを社会の中心に据える | 岡野 八代(同志社大学大学院教授)
4.「自立」を強いる資本制社会に対抗する協同組合運動 | 桜井 智恵子(関西学院大学人間福祉学部教授)
連載 韓国語翻訳家 架けられた橋の上に佇む (最終回)
言葉が際立つ夢を何度か見ている | 斎藤 真理子(韓国語翻訳家)

新連載 フォルケリな日常―北欧の暮らしのなかの政治―第1回
ノルウェー政治家のSNSの使い方 | 鐙(あぶみ)麻樹(ジャーナリスト・写真家)