模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

電信柱が突き出た家に住むミドリさんの正体は!?屋根から電信柱が突き出た不思議な家。そこに住む97歳の元気なおばあちゃん、ミドリさん。 27歳の著者は、謎多きこの家とミドリさんにひかれ、電信柱のお屋敷に通うようになる。そして・・・。「序章を読んで傑作の誕生を予感した」(佐野眞一氏)、「ノンフィクションの新しい分野に挑んだ力作」(茂木健一郎氏)と絶賛された第八回開高健ノンフィクション賞次点作品。

目次:プロローグ すべては電信柱からはじまった/第一章 ミドリさんと坂の上の職人屋敷/第二章 原風景への回転扉 ルーツを追う旅 北海道篇/第三章 勇敢な女横綱、厨房に立つ/第四章 森の中の事業集団 ルーツを追う旅 ものづくり篇/第五章 電信柱の突き出た家と六尺の大男/第六章 田んぼの中の蜃気楼 ルーツを追う旅 新潟篇/第七章 ミドリさんと電柱屋敷の住人たち/第八章 からくり部屋の秘密/エピローグ ここから旅立った北海道移民たち

[2011年5月/四六判/292頁/¥1,500+75] 著=鈴木 遥 発行=集英社