模索舎WEB月報
TOPへ



恋と童貞編集長 小野和哉

2012年5月の文学フリマでのデモ版のお披露目から数ヶ月。発売する発売する詐欺と影で呼ばれ、もはや都市伝説のような存在となっていた『恋と童貞 第四号』がついに発売されました。よかった、よかった。

さて、第四号の特集は「童貞と短歌」。第二号でも少し登場していただいたエロ歌人・佐々木あららさんの一言「歌人は童貞っぽい人が多い」がきっかけとなり、今年の3月に短歌イベント「魁!童貞短歌部」を開催。そのレポートを中心に、好評企画の「素晴らしき童貞短歌の世界」総集編や、編集長による「新釈童貞短歌」という原稿を掲載しております。

さらに、なんと今号はもう一本、イベントレポートを掲載。今年の正月早々に開催して物議をかもした「童貞トークショー@横浜」。その中から、「鬼畜!ヤリマン道場」の龍堂薫子さんを招いて行なわれた、ヤリマン×童貞対談の模様を抜粋して載せております。名言連発なので、ぜひお楽しみください。

執筆陣も号を重ねるごとに豪華になっていっております。TV Bros.編集部員おぐらりゅうじさん、AR三兄弟の川田十夢さん、そしてコピーライター事務所Rockkakuの森田哲生さん。実はこのお三方、私が月一回出演している「密談ラジオ」というUstream放送のレギュラーメンバーなのです。時代に先端に切り込む賢者たちが、いかに「童貞」という素材を料理するのか、お楽しみください。さらに、奇刊クリルタイ編集長の@republic1963さん、深井悠さん、和田悠加と豪華執筆陣が勢揃いですぞ。

恋と童貞メンバーによる毎度の連載も絶好調。「エロいい話」「童貞レビュー」「テーマコラム」そして新連載の「童貞人生相談」。童貞が童貞に人生相談をするという、何も解決しない不毛な様子をご堪能ください。

そんなわけで、駆け足で内容を紹介してまいりましたが、恋と童貞編集部は雑誌の発行以外にも、活動の幅をぐんぐんと広げております。

先述の通り、今年は既に二本のイベントを企画。1月は横浜の猫企画さんというお店で恋と童貞メンバー総出演のトークショーを無謀にも開催しました。時間が短いにも関わらず、「鬼畜!ヤリマン道場」の龍堂薫子さんを呼んでアホエロトークに興じたり、頭のいかれた編集部員を前に整列させてカオスなトークを繰り広げたり、猫企画さんの粋なはからないで、珍味と粕汁を混ぜた「ち○かす汁」という料理をふるまったりと、大分いっちゃってるイベントに仕上がりました。

二本目は「魁!童貞短歌部」。エロ歌人の佐々木あらら氏をゲスト講師に呼び、童貞をテーマにした短歌をみんなで作るというワークショップ。当日は誰も来ないお寒い状況を覚悟したのですが、意外にたくさんの人にお越しいただき、結果的に大盛況! とても楽しかったです。何よりも、短歌とはこう作るものだという基礎がうっかり分かってしまい、予想に反してタメになる企画になってしまいました。このイベントの模様も、もちろん恋と童貞 第四号に収録しています。

そんなわけですっかりイベントに味をしめた恋と童貞編集部。これからもどんどん珍奇なイベントをしかけていければなあ!と思っております。皆さん、気軽にイベントに呼んでね!

というわけで立ち上げから3年目を迎える『恋と童貞』をこれからもよろしくお願い致します。4号、買ってちょ!

***************************

〈模索舎イベント〉

 『恋と童貞 4号』&『文学少女図鑑』発刊記念トークイベント

 文学、恋、童貞

日時:8 月4日(土)よる7:00〜

***************************



恋と童貞 第四号 乙女心より純情なドウテイ心をむやみに探究する雑誌

[2012年5月/A5/100頁/¥500] 特集=短歌と童貞 編/発=恋と童貞編集部

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

リンク
★☆模索舎ブログ☆★


特集〜インタビュー・活動紹介など