Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








『夢みる名古屋―ユートピア空間の形成史』(著=矢部史郎 発行=現代書館)刊行記念イベント

名古屋・大阪・東京 ディストピア三都物語

東京は五輪、大阪は釜ヶ崎のジェントリフィケーションやら万博やら、 都市計画で街を切り刻まれた名古屋…ネオリベラリズムが猛威を振るい都市と生活を食い尽くすいま、改めて都市とはなにか? 空間を生きるとはなにか? この破滅的な状況はいったいなんなのか? 東京・大阪・名古屋に身を置く三人がそれぞれの都市をディープに焦点化する。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
出演:
矢部史郎さん (『夢みる名古屋―ユートピア空間の形成史』著者)
1971年生。現代思想・社会批評。愛知県春日井市在住。
著書に
『原子力都市』(以文社)
『愛と暴力の現代思想』(山の手緑との共著、青土社)など。

平井玄さん 1952年生。批評家。
著書に
『ぐにゃり東京 アンダークラスの漂流地図』(現代書館)
『彗星的思考 アンダーグラウンド群衆史』(平凡社) など。

酒井隆史さん 1965年生。大阪府立大学教授。
著書に
『自由論 現在性の系譜学 完全版』(河出文庫)
『通天閣 新・日本資本主義発達史』(青土社) など。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日時: 20191025日(金)  開場18:30  開始19:00 
予約不要
参加費:500円(+要ワンドリンクオーダー)
会場: カフェラバンデリア 地図
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F TEL:03-3341-4845
主催:模索舎


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

夢みる名古屋―ユートピア空間の形成史
[2019年6月/四六判/224頁/¥1,800+144]
著=矢部史郎 
発行=現代書館

 

目次:
はじめに 名古屋という難問

第1章 1918 舞鶴
舞鶴公園
帝国主義の時代
名古屋の市区改正事業
中京デトロイト化構想
航空機産業と日本主義労働組合
名古屋空襲
戦災復興都市計画
100メートル道路
シュペーアのゲルマニア計画
全ての路地を自動車交通路に
転覆の恐怖と反動

第2章 1965 小牧
国道41号線
ベトナム戦争の時代-道路をめぐる戦い
名神高速道路
名古屋の拡張と愛知用水
伊勢湾台風
内陸型工業都市の姿
不可視化する工業

モータリゼーションの社会的効果
事例A トラック野郎の交通戦争
事例B 勝田清孝事件-広域化する犯罪
事例C 口裂け女伝説-大人がいなくなった町

第3章 1989 世界デザイン博覧会
労働者の党、軍事政権を賞賛する
名古屋国際会議場
アイカ工業の樹脂
INAXのタイルとトイレ
排除のデザイン
鈴木俊一・中曽根康弘の東京改造
名古屋鉄道のパノラマカー
都市をめぐる展望の変化
欲望の都市
名古屋の荒廃

参考文献
あとがき


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<   2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報