Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








『アイアムヒッピー』出版記念イベント
新宿・ヒッピー・対抗文化

 「今から四世紀前、東京オリンピックをステップにして、日本が高度経済成長の大波に乗る頃、“危い(やばい)この波に乗せられたら身の破滅だ!”と直感し、競争社会からドロップアウトし、商業主義に背をむけて人類の滅亡を予言する詩をもって、夜の新宿に彷徨い集まった一群の若者たちがいた」。
その一群のひとりに山田塊也こと通称ポンがいた。ポンがこの『アイ・アム・ヒッピー』(日本のヒッピームーブメント史)を本にしたのはもう四半世紀も前のこと。
昨年11月、長い間絶版状態のこの本を増補改訂版として出すことにしたのは、たくさんのリクエストがあったからもあるけれど、ポンのメッセージが今もなおちっとも褪せていないからだ。
出版イベントが、部族、日本のヒッピー・対抗文化の出発点の新宿できることは貴重だ。当時の新宿に想いを馳せながら語りあうことで、彼ら「夜の新宿に彷徨い集まった一群の若者たち」が何を求めていたのかを探ることができたらと思う。また、彼らの精神は脈々と今も若者たちの心を揺さぶり続けているのだろうか?貴重な映像をみながら、ゲストをお招きして本には書かれていない別の視点からの話しをしてもらおうと思う。
 

 日時 4月25日(金) 20時開演 (19時30分時開場)

場所:カフェラバンデリア
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F TEL:03-3341-4845
地 図

料金:1ドリンクオーダー+投げ銭

第一部
トーク  :私の新宿
ゲスト  平井 玄 (「愛と憎しみの新宿」著者)
            風月のJUN(詩人・元新宿フーテン族および新宿ビート)
    
          映像 「ある青春の砦」       
 
  第二部 

ポン、対抗文化を愛する若者たちのトーク

ゲスト  星埜 恵 と対抗文化の愛する若者たち(三多摩対抗文化を愛する会、くにたち円ショップ主催者)
              
            ハルタ(Human Erorr Work$)のDJによるカウンターカルチュアmusic



 主催   模索舎+森と出版

 

アイアムヒッピー 増補改訂版 日本のヒッピー・ムーブメント’60-’90

目次:プロローグ-ヒッピーとは何者か?/1.ヒッピー前史”新宿ビートニク”/2.ヒッピーコミューン運動”部族”/3.南の島のコミューン”無我利道場”/4.反日思想とインド放浪/5.まつろわぬ山の民からの逆襲/エピローグ-結び合う心 地球療法/

[2013年10月/A5/363頁/¥2,500] 著=山田塊也 発行=森と出版

 

愛と憎しみの新宿 半径一キロの日本近代史

六〇年代の新宿。そこは伝説的なジャズ・バーや映画館などが密集する文化工場だった。純愛、濁愛、学生運動を包みこみ、戦後日本を形作った都市を素描する異色の地下文化史 //目次:1.街を貪るー一九六九年/2.先住民のボサノバ/3.ネズミたちの映画ー若松孝二の『劣情有理』/4.千の沼/5.夏目漱石の新宿二丁目 /6.抉り取られた街ー浜昇のカメラが見たもの/7.地底の街

[2010年8月/新書/254頁/¥780+62] 《ちくま新書858》 著=平井玄 発行=筑摩書房

 

彗星的思考 アンダーグラウンド群衆史

目次:序/群衆科学/スーダラ節を歌う野次馬たち/龍次と忠治/動乱の詩人/「日本の歌」と「ジャズ宣言」/東アジアの平民思想/デモと広場/街と自由/亡霊的警察/宇宙の憲法/彗星になること

[2013年11月/四六判/265頁/¥2,400+192] 著=平井玄 発行=平凡社

 

<   2014年4月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報