Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








映像制作集団「空族」2012年最新作「バビロン2-THE OZAWA-」公開記念

バビロン2を読む

2012年11月30日(金)  start 20:00 入場無料  (カンパ制)
会場:模索舎
         

出演:相澤虎之助 空族 バビロン2-THE OZAWA-監督.脚本
 
2011年10月の公開後、1年以上に渡るロングラン上映、そして全国各地はもとよりフランスなど更なる広がりを見せている映画制作集団「空族」による映画「サウダーヂ」、その「空族」の最新作である「バビロン2-THE OZAWA-」が11月より公開されます。 「アジア裏経済3部作(麻薬・戦争・売春)と称した「バビロン」シリーズの第1作「花物語バビロン」では作中で発せられる多大な情報量を知る手立てとして、上映時に相澤虎之助監督の手製によるレジュメが配布されました。  前作同様「バビロン2」の上映に於いても相澤監督によるレジュメが配布されますが、今回「バビロン2」の世界をより深く知っていただく為に、相澤監督に模索舎の書棚から「バビロン2」の世界に関連する書籍を選んでいただき、その一冊一冊を紹介していただきます。 バビロン2」はもとより、「バビロン」シリーズで映し出される世界、そして「国道20号線」「サウダーヂ」への連なりに迫る夜になればと思っております。(模索舎 E)。

 

『バビロン2-THE OZAWA-』
UP LINKにて上映中!!

11月12日(月)~11月23日(金)
真の「武器」は、この書物たちである

「バビロン2-THE OZAWA-」のサブタイトルは「GUNS OF BABYLON」である。
バビロンとはレゲエの歌手がこの腐った資本主義世界をあらわす時に連発する言葉である。
であるからして「この腐った資本主義世界があまりにも腐っているので いいかげんにしないとやさしいオレでも腐った資本主義世界の銃を取っちまうぞ!」という想いを込めてこの映画はつくられました。
しかし、本当に腐ったバビロンの銃を取る前にここにある様々な書物を読んでみよう。
なぜならわたしたちの真の「武器」は、この書物たちであるにちがいないからだ。
映画はただのキッカケに過ぎない。さあ真の武器を手にバビロンと闘おう。

-空族 相澤虎之助- 

<   2012年11月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報