Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








『恋と童貞 4号』&『文学少女図鑑』発刊記念トークイベント

文学、恋、童貞


4号を出した『恋と童貞』と、ミニコミ『文学少女』から生まれた書籍『文学少女図鑑』の発刊記念イベント。模索舎でともに育ったミニコミ仲間として、まったく初対面の2冊が文学的に馴れ合います。『恋と童貞』4号内「新釈童貞短歌」でキレある短歌批評を繰り広げている小野和哉氏と、『文学少女図鑑』に企画から関わり本にも登場する『殆ど無い』編集長の苑縁氏が、本の内容についてはもちろん、文学について・少女について・恋について・ミニコミについて語り合う! 撮影者・萩原收氏も来店。撮影してもらいたい女の子、PRのチャンスです。

 

【出演】
小野和哉(『恋と童貞』編集長)
苑縁(『殆ど無い』編集長)
萩原 收(『文学少女図鑑』撮影者)

日時:8月4日(土)よる7:00〜
場所:模索舎
参加料:投げ銭にて

*********** 

web版 模索舎月報』より

〜恋と童貞編集長 小野和哉氏による『恋と童貞』の紹介〜

幻の四号がついに発売! 特集は『短歌と童貞』

 ***********

恋と童貞 第四号 

“乙女心より純情なドウテイ心をむやみに探求する雑誌”をテーマに、2010年より不定期で雑誌を発行。これまで「恋文」や「理想の乙女」「短歌」などのテーマで特集を展開している。既刊4号。ブログ http://ameblo.jp/koi-dou/

[2012年5月/A5/100頁/¥500] 特集=短歌と童貞 編/発=恋と童貞編集部

文学少女図鑑

7月17日刊行予定

女の子51人のプロフィールつき街角スナップと「マイベストブック3」の紹介を盛り込んだ新感覚写真集。

ブログ http://blog.livedoor.jp/bungakushojozokan-494/

[2012年7月/128頁/¥1680] 撮影=萩原 收 発行=アストラ

殆ど無い 02 

編集長が独断と偏見で選んだ表現者たちに、各々が最も書きたいこと・やりたいことをやらせている同人雑誌。02号まで発行。1号の特集は『侵入』、2号の特集は『KKK(懐古の懐疑と解義する)』。

[2012年5月/A5/122頁/¥800] 特集=KKK 懐古の懐疑を解義する 発行=東京因果帝国


<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報