Voice Of Mosakusha Online

TOPへ






2012年7月アーカイブ

『恋と童貞 4号』&『文学少女図鑑』発刊記念トークイベント

文学、恋、童貞


4号を出した『恋と童貞』と、ミニコミ『文学少女』から生まれた書籍『文学少女図鑑』の発刊記念イベント。模索舎でともに育ったミニコミ仲間として、まったく初対面の2冊が文学的に馴れ合います。『恋と童貞』4号内「新釈童貞短歌」でキレある短歌批評を繰り広げている小野和哉氏と、『文学少女図鑑』に企画から関わり本にも登場する『殆ど無い』編集長の苑縁氏が、本の内容についてはもちろん、文学について・少女について・恋について・ミニコミについて語り合う! 撮影者・萩原收氏も来店。撮影してもらいたい女の子、PRのチャンスです。

 

【出演】
小野和哉(『恋と童貞』編集長)
苑縁(『殆ど無い』編集長)
萩原 收(『文学少女図鑑』撮影者)

日時:8月4日(土)よる7:00〜
場所:模索舎
参加料:投げ銭にて

*********** 

web版 模索舎月報』より

〜恋と童貞編集長 小野和哉氏による『恋と童貞』の紹介〜

幻の四号がついに発売! 特集は『短歌と童貞』

 ***********

恋と童貞 第四号 

“乙女心より純情なドウテイ心をむやみに探求する雑誌”をテーマに、2010年より不定期で雑誌を発行。これまで「恋文」や「理想の乙女」「短歌」などのテーマで特集を展開している。既刊4号。ブログ http://ameblo.jp/koi-dou/

[2012年5月/A5/100頁/¥500] 特集=短歌と童貞 編/発=恋と童貞編集部

文学少女図鑑

7月17日刊行予定

女の子51人のプロフィールつき街角スナップと「マイベストブック3」の紹介を盛り込んだ新感覚写真集。

ブログ http://blog.livedoor.jp/bungakushojozokan-494/

[2012年7月/128頁/¥1680] 撮影=萩原 收 発行=アストラ

殆ど無い 02 

編集長が独断と偏見で選んだ表現者たちに、各々が最も書きたいこと・やりたいことをやらせている同人雑誌。02号まで発行。1号の特集は『侵入』、2号の特集は『KKK(懐古の懐疑と解義する)』。

[2012年5月/A5/122頁/¥800] 特集=KKK 懐古の懐疑を解義する 発行=東京因果帝国


中南米マガジン15周年記念

いままでの思い出をすべて語るトークイベントだよ!


長くやってるといろんなことがありました! 忌野清志郎から広告取れた事件、テレビ出演事件、C事件、11万円もらった事件、盗品売買取材、謎の美女、ハバナで偶然中南米マガジン読者にあった事件などなど思い出盛りだくさんのお話イベントです。

出演者:

金安顕一 中南米マガジン編集長

土方美雄 フリーランスのライター。

主な著書は「靖国神社」(社会評論社)「京セラ その光と影」(れんが書房新社)「検証国家儀礼」(戸村政博・野毛一起との共著、作品社)「アンコールへの長い旅」「北のベトナム、南のチャンパ」「マヤ終焉」(以上、新評論)「写真でわかる謎への旅 メキシコ」(辻丸純一との共著、雷鳥社)「ミステリー&ファンタジーツアー マヤ/アステカ」「マヤ・アステカの神々」(以上、新紀元社)「アンコールに惹かれて」(社会評論社)等。
季刊総合誌「リプレーザ」の編集委員であり、「中南米マガジン」スタッフです。他に、古代アメリカ学会会員、メキシコ学勉強会世話人等。
 
すずきさち とあるキューバ好き会社員。

--------------------------------------------------------

7月28日(土)

18:30〜 (開場18:00)

入場無料

会場:模索舎

東京都新宿区新宿2ー4ー9
TEL:03-3352-3557/FAX:050-3505-8561
e-mail:mosakusha@mosakusha.com

 

***********

『web版 模索舎月報』より

中南米マガジン編集金安氏、模索舎の思い出を熱く語る!

中南米マガジンと模索舎の店員さん

***********

中南米マガジン24

[2012年2月/A5/72頁/¥500] 編=金安顕一 発行=中南米マガジン

中南米マガジン23

[2010年1月/A5/72頁/¥500] 編=金安顕一 発行=中南米マガジン

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31