Voice Of Mosakusha Online

TOPへ






早川義夫ブックフェア



 

hayakawa.jpgミュージシャン・早川義夫さんが1968年から1972年にかけて綴ったエッセイ集「ラブ・ゼネレーション」が新たに未発表作品を加え文遊社より刊行されました。刊行を記念しまして店頭にて早川義夫ブックフェアを開始いたしました。フェア期間中では特製冊子を配布、また関連書籍をご購入いただくともれなく左記のポストカードを差し上げます。

 

 

 

 

 

 

ラブ・ゼネレーション

[2011年12月/四六判/252頁/¥2,500+125] 著=早川義夫 発行=文遊社

「歌とは何か」について若き日の早川義夫が論じた文章、高田渡、岡林信康、はっぴいえんど等フォークムーブメントのアーティストについてのシャープな批評などを含む本書は、平易な文体で書かれた親しみやすい本であるにもかかわらず、早川義夫による唯一の骨太な音楽論・創作論でもある。

リーダーとしてジャックスを率いていた時期から解散、ソロ活動、URCのディレクターを経て音楽活動を一時休止するまでの期間にあたる1968年から 1972年にかけて、ミュージシャン早川義夫が綴ったエッセイ集。

 

 

日常で歌うことが何よりもステキ

[2010年6月/B6/322頁/¥1,900+95] 著=早川義夫 発行=アイノア

「わかり合いたかった人とわかり合えなかった寂しさに比べれば、独りでいることなどちっとも寂しくない」

本書は早川義夫の最新音楽日記。日常の中に歌がある。2004年5月から2010年5月までの6年間のドキュメント。

 

いやらしさは美しさ

[2011年9月/四六H/256頁/¥1,800+90] 著=早川義夫 発行=アイノア

これからも「女の子」に恋をしよう。少年のような恥じらいと、老人のようないやらしさで。それしか、生きがいはないではないか。

早川義夫の最新エッセイ集。

たましいの場所

[2002年7月/B6H/268頁/¥1,700+85] 著=早川義夫 発行=晶文社

好きな人の前では本当のことを言おう。好きな人の前ではいっぱい恥をかこう。

ロングセラー『ぼくは本屋のおやじさん』から30年、再び歌を歌いはじめた早川義夫のエッセイ集。2011年11月重版(5刷)より加筆あり。

 

ぼくは本屋のおやじさん

[1982年10月/B6/198頁/¥1,400+70] 《就職しないで生きるには 1》 著=早川義夫 発行=晶文社

本と本屋が好きではじめたけれど、この商売、はたでみるほどのどかじゃなかったー

小さな町の小さな本屋のあるじが綴る書店日記。

 

<   2011年12月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報