Voice Of Mosakusha Online

TOPへ






2011年7月アーカイブ

『音楽雑誌 Oar(オール)』の編集・発行人である野上郁哉(のがみふみや)さんが、24日0時40分頃府中で轢き逃げ事故に遭い亡くなられました。享年24歳です。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
『Oar』はもちろんのこと、模索舎のHPで連載いただいていたコラムとも、野上さんには大変お世話になりました。
そう、はじめて野上さんが納品にいらした出会い方も、ジャンル・ボーダーレスでした。
差し出した雑誌の表紙にはパキスタン音楽の文字があり、中を開けばジャンルすらわからないCDレビューがあり。目の前には黒い革ジャンを着 た野上さん。そして活動しているバンドはメタルだと!
野上さんのブログに綴られているバンドや研究での多忙な日々を今またよみかえし、コラム連載を即座に快諾してくださった度量にただただ感謝するばかりです。
『白山駅のブログ』ameblo.jp/hakusann-eki/
ほんとうに、残念でなりません。これからの民族音楽研究を牽引するだろう方でもあったのに。
一刻も早い犯人の自首を願います。
これまで連載いただいたコラムは、こちらでお読みください。
●植草甚一さんについてちょっと語ってみようか。 (10/09/20)
●私的音楽研究その壱 (10/10/24)
●私的音楽研究その弐〜パキスタンのスーフィー音楽 (10/12/25)
●Rock 'n' Roll is still “Alive” (10/12/25)
●音楽と天才 (11/01/24)
●古本は流転する (11/02/24)
●読書の極意、教えます。 (11/03/24)
●私的音楽研究その参〜カウワーリー(イスラーム神秘主義集団歌謡)とスーフィー詩について (11/04/25)
●忌野清志郎はやっぱり予言者だった (11/05/29)

『音楽雑誌 Oar』の創刊号2号3号も店頭・通販で取扱中です。
  
また、以下は『Oar』制作に参加された方がtwitterで呼びかけている文章です。関心をもたれた方はご協力の程よろしくお願いいたします。
【ライターさん募集】轢き逃げにより昨晩急逝した外大生・野上くんが編集長を務める異国音楽雑誌「Oar」の次号を、追悼の思いも込めて作ります。異国音楽・楽器に詳しい方、ぜひご寄稿いただけませんか。近日編集会議やります。野上編集長やOarについてはこちら@hakusaneki

模索舎 

〈トークイベントのお知らせ〉

7月29日(金)に、『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること 沖縄・米軍基地観光ガイド』著者・矢部宏治さんと『ニッポンの 国境』著者・西牟田靖さんをお招きし、トークイベントを行います。

11072506.jpg11072505.jpg






















*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


知っているつもりでいて本当はなにも知らなかった。
3月11日の福島原発事故以降、多くの人がそう痛感したのではないでしょうか。しかし3月11日以前から原発の問題はずっと存在していました。

「なぜ米軍は戦後66年たってもまだ日本にいるのか。」 (『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること』より)
「領土問題はなぜ発生し、現在もなおくすぶり続けるのか」 (『ニッポンの国境』より)

現在も解決されないこれらの「なぜ」には、日米で交わした条約と日本の経済発展が根底に横たわっています。そしてそれは今後の日本を考える重要 なカギなのかもしれません。
『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること』著者・矢部宏治さんと『ニッポンの国境』著者・西牟田靖さんをお招きし、その成立と真相をお話しいただきます。

もはやあたりまえになりすぎた米軍基地と、目にみえない国境に、もういちど違和感を持つところからはじめてみませんか。
みなさまのご来場をお待ちしております。

『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知ってること 沖縄・米軍基地観光ガイド』 <http://www.mosakusha.com/newitems/2011/06/post_1763.html>
『ニッポンの国境』〈http://bit.ly/o1futP

〈出演者紹介〉
矢部 宏治(やべ こうじ)
1960年兵庫県生まれ。慶応大学文学部卒。(株)博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。編著書に『Tokyo Book  Map』『ヨーロッパ美術館ガイド』(いずれも書籍情報社刊)など。
書籍情報社HP  ▶  http://www.shoseki-johosha.com/


西牟田 靖(にしむた やすし)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業。ノンフィクション・ライター。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(角川ソフィア文庫)、『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)、『ニッポンの穴紀行』など。
西牟田靖の田悟作田悟作マガジン  ▶ http://nishimuta62.web.fc2.com/
 
●日時 7月29日(金) 18時30分 開始 (18時 開場)
(設営のため、17時30分〜18時まで店頭販売を一旦中断いたします)


●会場 模索舎
新宿区新宿2-4-9 TEL:03-3352-3557
(東京メトロ丸ノ内線/新宿御苑駅2番出口より徒歩5分)
(地図 ▶  http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/annnai.html)

●定員 35名
(お電話・店頭・メールにてお申し込みください)

●入場料 無料

お申し込み・お問合わせ先: 模索舎 TEL:03-3352-3557/Email: mosakusha@mosakusha.com


取り扱っている書籍を一覧で紹介いたします。(11/7/7現在)

 アヴァンギャルド・ジャズ      ¥2,940
 カルパチアのミューズたち      ¥3,150
 BD(ベー・デー) 第九の芸術      ¥2,940
 維新のアイヌ金成太郎      ¥2,100
 農本主義者山崎延吉      ¥3,150
 食を満たせ      ¥1,470
 二十世紀の芸術      ¥5,250
★価格全て税込

HP →  未知谷 

購入ご希望の方は以下ご記入の上、メールフォームよりご注文ください。

・商品名 ※枚数、型番をご記入ください。
・発送先住所 :
・氏名:
・電話番号:
・支払方法:

※支払方法
 ●代金先払 送料250円 ※ご入金確認後発送 振込手数料はご負担下さい。
 ・郵便振替 ・りそな銀行 ・ジャパンネット銀行 ・楽天銀行 がご利用になれます。

●代金引換  ※送料+代引数料500円

★5000円以上お買い上げの方は、送料・手数料無料となります。

<   2011年7月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:07:15:12:56:48 フリーペーパー版模索舎月報11年7月号配布中!! (07/15)

web版 模索舎月報
最近のイベント情報