Voice Of Mosakusha Online

TOPへ






2010年6月アーカイブ

舞台は東京の、ここではないどこかの地下実験室。

ゴキブリ博士とその弟子たちが、新しい人間としてのゴキブリ作りに励んでいる。

作りかたは、アメリカ軍兵士の鉄カブトに、アンパンのヘソに入っているゴマを一粒パラリと落とし、ウンコやシッコをぶっかけ、成長促進剤としてコカコーラ を嵐のように降り注ぐ。こんどはアメリカタバコの煙をスパスパ吹きつける。むろん一定の温度を保つことを忘れてはならない。

そして、やがてくる ”世紀の一瞬” を迎えるべく生への驚異のドラマがひそかに展開されていく。

〜「ゴキブリの作りかた2010」あらすじより〜

ハイライトシアター第1回公演「ゴキブリの作りかた2010」

(作 内田栄一 脚色 いまおかしんじ 演出 伊藤猛)

が7/8〜11に中野富士見町Plan-Bにて上演されます。

模索舎でも前売りチケットの取り扱いを行っております。

<ハイライトシアターHP>http://hilitetheater.jimdo.com/

日本のインディーズCD専門店として埼玉・熊谷に店を構えるモルタルレコード。

MOR01.jpg














MOR02.jpg
































この春より、店長・山崎さんのご好意により模索舎でとりあつかっているミニコミを置かせていただいています。

モルタルレコードでしか手に入らない音源からインディーズの中で有名なものまでちゃんと置いてあります。



MOR03.jpg














ぜひ足をお運びいただきたいお店です。

MOR04.jpg











山崎さんは、「さよなら下流社会」で松本哉さんと対談をしています。
そちらもどうぞ。


MOR05.jpg◆さよなら 下流社会
[2008年10月/四六判/224頁/¥1,400+70] 著=松本哉+鈴木謙介+アスラン「若者アンケート」実行委員会 編集協力=ワーカーズコープアスラン(新舘衣吹、園良太、松田景子) デザイン=加藤賢一(気流舎) 発行=ポプラ社

「お金では測れない価値」を求めて活動を行う15人の若者たちを追ったルポルタージュ。 目次:僕らはみんな生きている(鈴木謙介)/「嘘じゃない生き方」をしたかった(加藤賢一・「気流舎」運営)/自分が食べたいものをつくりたい(小林夏世・「まんぷく農場」運営)/「インディーズ」にこだわることで道は開ける(山崎育宏・モルタルレコード」店長)/[対談]「やりたいこと」で食える幸せ(松本哉×鈴木謙介)/ラジオに投稿しながら成長してきた(鮭缶・大学院生)/本や情報は、誰にでも平等なものだと思うから(木村道子・「路上文庫」主宰)/マスメディアが伝えないなら、自分たちで伝えていこう(松浦敏尚・市民メディアセンター「MediR」事務局長)/「自分の強み」を活かしながら、社会に居場所をつくり出す(冨樫匡孝・NPO法人「もやい」スタッフ)/運動は、生きることと結びついてる(稲荷明古・「ユニオンぼちぼち」組合員)/文化の力で民族間の壁を越えたい(姜咲知子・「JANJAN」市民記者/「はなこりあ」所属)/ ほか


6月26日(土)から7月16日(金)まで、模索舎店内にて
〈ブックフェア〉『郊外学』事始(ことはじめ)を企画しています。

kougai.jpg































ぜひこの期間、お店にお立ち寄りください。⇒ページはこちら

またそれを記念しまして、7月3日(土)にトークセッションを催します。

出演者は、近著『原子力都市』で現代の日本地理を描き出した矢部史郎さん、都市論の代表的論客マイク・デイヴィスの新刊『スラムの惑星』を監訳した酒井隆史さん、郊外を舞台に閉塞感漂う若者たちの日常を描いた映画『国道20号線』の監督・富田克也さんと、脚本・相澤虎之助さんです。

 また当日、2011年公開予定の新作『サウダーヂ』予告編(約5分)を上映予定です。


『サウダーヂ』公式HP……http://www.saudade-movie.com/index.html

こちらもお見逃しなく。

以下、イベントの詳細のご案内です。

===================================
7月3日(土) 開催記念トークセッション

 〈出演〉
●矢部 史郎 (『原子力都市』(以文社)著者)
●酒井 隆史(『スラムの惑星』(明 石書店)監訳)
●富田 克也(映画『国道20号線』監督)   
●相澤 虎之助(同映画 脚本)

 17:00〜19:00(予定)
ワンドリンク制 カンパ歓迎

会場 Cafe★Lavanderia
新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
http://cafelavanderia.blogspot.com/

tizu.jpg









季刊音楽誌「ULYSSES No.3」に廣瀬純さんによる模索舎の紹介が掲載されました。
「ただモンタージュだけがホタルたちを舞い輝かせる」との題名で
先日行いました模索舎40周年記念イベント内シンポジウム「勝手に生きよ/人生!」内で
出演された廣瀬さんの発言に沿った内容となっております。
現在掲載号を店頭にて発売しておりますので是非とも手にとって下さい。

臨時休業のお知らせ

6月1日(火)は臨時休業とさせていただきます。

<   2010年6月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30