Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








 福岡・中洲にある会員制倶楽部のママ・藤堂和子さんが発刊されてきた『LB中洲通信』が、284号をもって休刊することに決まりました。

1980年から2010年の30年間出しつづけ、自分自身との約束で30年を節目と決めていたということで、ここでひと区切りされるそうです。
今後は、季刊誌として年4回発行していくとか。

2005〜2010年のうちのバックナンバーをピックアップして取り扱っております。

通販をご希望の方はtusuhan(あっと)mosakusha.comまでご連絡下さい。
(あっと→@にかえてください。)

LB05.jpg●05年06月号/生きる力
日本を代表する画家・黒田征太郎さんに“パワフルな行動力の源泉”を訊く──特集「生きる力」。そして、マンガの母国・ニッポンで新たな一歩を踏み出した若きタイ人クリエイター・タムくん(ことウィスット・ポン二ミットくん)インタビュー。
「ライブ・ペインティングという生きる力」黒田征太郎/「タイ人クリエイターはマンガの夢を見る」ウィスット・ポンニミット ほか















LB01.jpg●05年07月号/成長するってこと
真っ只中にいる時はさっぱりわからないけれども、誰もが一度は体験してきた「青春」。ヨノナカには「青春」を描いた小説、映画、漫画、音楽が溢れている。人を惹きつけて止まない「青春」は今、どのように描かれているのか。
「リンダリンダリンダ」をめぐる青春映画の現在/山下敦弘監督 主演女優(前田亜希/香椎由宇/関根史織/ぺ・デゥナ)インタビュー 芦原すなお ほか
 












LB10.jpg●05年09月号/基地の街から
今もなお世界、日本で大きな影響力を保ち続ける基地、基地の街は音楽にどんな影響を与えてきたのか。横浜・中華街、狭山ハイドパーク・ミュージックフェスティバル。記憶を頼りに、基地の街に残る音楽を辿りに現地へ。
「YOKOHAMAの男」エディ藩/「伝説の地、蘇る日 ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル2005」麻田浩/「日本のポップミュージックの源流へ」東谷護・安田昌弘 ほか














LB03.jpg●05年12月号/闘う男
ドキュメンタリー作家・森達也、ジャーナリスト・斎藤貴男、一水会顧問・鈴木邦男──3人の“闘う男”登場!
「テンイヤーズ〜日本人の10年間」森達也/「野球選手、キックボクサー、そしてジャーナリスト」斎藤貴男/「イメージを超えて」鈴木邦男 ほか

















LB13.jpg●06年06月号/いぶし銀な男たち 寺島進
俳優・寺島進特集号。しぶくてカッコイイ撮り下ろし写真とともにロングインタビューをご堪能ください。
「金と銀〜ファイアのアニキができるまで〜」寺島進/「職人と呼ばれた男たち〜思い出の野球人」/「一度しゃんがんだ男が手に入れた 静かなる闘志」プロボクサー横山俊吾ほか

















LB06.jpg●06年08月号/酒とロック
酒は当たり前として、音楽。この酒場の雰囲気、空気を決定づけてしまうものを考えてみたい。酒場と音楽の関係を訊きに行った。
「酒とロックの頃」松村雄策/「音楽はつまみになるのか?」『酒とつまみ』編集部/『神の左手悪魔の右手』金子修介監督/『チーズとうじ虫』加藤治代監督 ほか















LB12.jpg●07年03月号/THE MODS 森山達也
感謝します、出会ったことを。
1981年にデビューし、昨年25周年を迎えたロックバンドTHE MODS。リーダー森山達也は今、何を伝えるのか。
「MODSたちの行方 博多/東京/アジア」THE MODS 森山達也/舞台『僕たちの好きだった革命』制作発表記者会見/「バブルのあとあで」山下敦弘インタビュー/「本田竹広メモリアルコンサートレポート」 ほか














LB07.jpg●09年09月号/僕らの〈未来〉の未来 SF小説の現在
ニッポン人よ、もっと未来を描け
大森望「僕らの〈未来〉の未来 SF小説の現在」/「アダモステ25年の軌跡 島崎俊郎、語る。」/マイケル・ジャクソンとMTVの時代/MUSIC.21枚目の手紙〜SION「鏡雨〜Kagamiame〜」/ほか

















LB11.jpg●09年11月号/「ドキュメンタリー 頭脳警察」俺たちに明日はない
今を生きる伝説の若者たち、再始動!
「ドキュメンタリー 頭脳警察」俺たちに明日はない/片岡英子監督「こまどり姉妹がやって来るヤア! ヤア! ヤア!」歌は世につれ 世は歌につれ/和の文様と人間模様/堀部圭亮監督「悪夢のエレベーター」映画に込めた人生の苦味/ほか
















LB08.jpg●10年01月号/シアターブルック佐藤タイジ
ココロのドアを開け、復活の一歩を踏み出せ
佐藤タイジ「シアターブルック佐藤タイジ A CHANGE IS GONNA COME」/「落語家という人生の語り部──追悼五代目三遊亭圓楽」/「音が効く! 音楽は何を癒してくれるのか? 〜音楽療法を考える」/ほか










<   2010年4月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報