Voice Of Mosakusha Online

TOPへ








2009年。映画へのまなざしを破格に切り返そうとする記念碑的な映画論が刊行されました。革命書としてのドゥルーズ『シネマ』を出発点に、映画と資本の秘められた関係性に迫るアクロバティックな論理によって、読む者に真の知的興奮をもたらしてくれる一冊『シネキャピタル』。果たして、この聞きなれぬ響きを持った名の書物が私たちに提示してくれるものとは、いったい何なのでしょう?
nobody presents "Suddenly" Vol.02は、著者であり気鋭の批評家・廣瀬純氏をゲストに迎え、『シネキャピタル』をめぐる可能性の検証・発展を試みます。世界中が未曾有の経済危機によってうろたえる2009年の年の瀬を、大いに笑い飛ばすための一夜になれば、これ幸い。
上映作品には廣瀬氏と、nobody選定による、『シネキャピタル』をさらに深く理解/誤読するための2本の傑作を御用意。キーワードは「クリシェ」です。乞うご期待!

【上映作品】『喜劇 家族同盟』(1983年、前田陽一監督)
『UNLOVED』(2001年、万田邦敏監督)
【トークゲスト】廣瀬純氏(映画批評家)

【日時】2009年12月26日(土)23:00開場、23:30開映(予定)
【会場】池袋シネマ・ロサ(池袋西口・ロサ会館)
【料金】一般2500円/nobody最新32号持参の場合2000円
・池袋シネマ・ロサ窓口にて、12/12(土)から整理番号つき前売り券発売中。窓口にてnobody最新32号とのセット販売もございます。
・当日券もご用意いたします。
・入場は整理番号付きチケットをお持ちの方を優先させていただきますので、どうぞお早めにご来場ください。

<   2009年12月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報