Voice Of Mosakusha Online

TOPへ






『メアリー・ブレア』展




お盆明けて仕事にうまく復帰できてますかみなさん。


先日、AVライター・雨宮まみさんのブログに励まされて、東京都現代美術館で催されている『メアリー・ブレア』展に行ってきました。元々女の子好きのするものが苦手で避けてきたわたしにとって、一見勇気のいる展示でした。日頃から素直にかわいいと思うことにためらいがあるし、恐怖心もある。ましてやディズニースタジオの世界観を培った重要人物、それが女性だとなると、かわいいといえない自分の劣等感とド・対峙することになるんじゃないかと思った。だからこそ余計に気になったし、おそらく似た種類のコンプレックスを持ってるんじゃないかと思う雨宮さんが(って勝手に推測して失礼なのですが、雨宮さんもかわいいに非常なこだわりを持ってらっしゃるので)、その部分を刺激するコメントを書いていたので、行ってみた訳です。

と身構えて行ったけれど、いやー、気安いかわいさと嫌悪っていう想定コースをあっさり凌駕されてしまった。上品な初期作品から、より原色的になった南アフリカ旅行期での作品、そしてディズニーアニメーションのコンセプトアート(制作の初期段階で物語の世界観を決めていく絵)で、どんどん徹底して、かわいくまばゆく一色一色が光っていった。小ぶりなサイズのコンセプトアート群をみていくうちに、幾億もの物語を封じ込めてる感じがした。そう、封じ込めた。一枚の絵に辿り着くまでに果てしないイメージを召還させ、その輝く部分だけを固形にしたんだと思った。凝縮って言葉では整理され過ぎてしまう、息苦しさ。その息苦しさはディズニーランドにもいえることなんだけど、イッツ・ア・スモールワールドのデザイン原画にきてわたしはひえー、と思った。
底冷えする輝きだった。それはとにかくの、徹底だった。

これはわたしの思うことでしかないのだが、彼女は勤勉で努力家の非常な優等生だったんじゃないか。課題に対して何が求められているか見抜き最も適した答えを導き出すことが出来る人だった。でもその枠から溢れてしまうなにかを絶えず持ってたんじゃないかと思う。そのなにかに男性主の社会で働く女の人、のしんどさも多分に混じっていた、と考えるのは「わたしは生涯に3つの仕事をした。『妻』として、『母』として、『プロのアーティスト』として。」と彼女の言葉が展示の最初にあったから。仕事、とはなんなのだろう。

そしてどの『』にも当てはまらないような作品が晩年に出てくる。もはやかわいい、で名状できるような輝きではないのだ。明るい色調なのは変わらないけど、イッツ・ア・スモールワールドの頃の思考の上での形式がとっぱらわれた感じがした。それが何故なのかはわからない(後期の彼女がアルコールと関係してた記述があったけど、今なにを言ってもこしらえごとにしかならないだろう)。展示の一番最後にあった絵は、赤ピンクと赤紫の背景に顔とおっぱいが紙粘土で盛られた女の人が立っている絵だった。横でずっとかわいいを連呼していた女の子が、「えっ怖い……」と漏らした。その隣にメアリー・ブレアの写真があって、出口になった。

自分の(あくまでわたしの)、かわいい、にこだわるのは些末な問題という気がします。でもまだちいせえよ、って言い切るには乗り越えていないものがたくさんあるとも思う。ただ、メアリー・ブレアはかわいいで考えられるものじゃなかった。光の中に底光りする人間の一生があった。そして、やっぱり、どうしても、女がまつろっていた。


いや、感動しました。



あと、わたしはかわいいものが嫌いってことでは全くないです。かわいいなあと思うものもたくさんあります。なにかと弁解ですけど!かわいいミニコミ作ってる方、模索舎に納品やめたりしないでください〜!

<   2009年8月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フリーペーパー版模索舎月報
  • 2011:10:10:20:20:21 フリーペーパー版模索舎月報11年10月号配布中!! (10/10)

web版 模索舎月報