貸本マンガ史研究 21

目次:断念と転回が生み出したもの―さいとう「劇画」の軌跡=吉備能人/つげさんの仕事場/ねた一夜のこと=旭丘光志/私の見たあの時代の蒼い空=池上遼一/わたしの「劇画工房国分寺村」=石川フミヤス/コラム:劇画における「技術主義」の系譜=吉備能人/劇画少年“九鬼誠”だった頃=九喜良作/劇画のまんま(二)=つげ忠男/劇画〉の誕生に遭遇して(二)冬の三浦半島への旅=椿きみを/「黒い傷痕の男」試論2―筑豊から、そして筑豊へ(上)=三宅秀典/猥雑さの魔力について=権藤晋/コラム:貸本マンガと性表現=吉備能人/ほか

[2009年10月/A5/111頁/¥700] 特集=特集 劇画誕生五〇年 2 編=貸本マンガ史研究会 発行=シナプス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17191

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報