目次:第1章 戦時下のチェチェン-一般市民の生活/チェチェンの歴史/耳が聞こえないっていいなあ/ ほか/第2章 ロシアの現実-この戦争の背後にあるもの/ルスラン・アウシェフとの会見/民族の特徴で襲撃される/ほか/第3章 この戦争は誰にとって必要なのか?/将軍たち、すなわち新興財閥 奇跡の石油パラダイス/ エピローグ 二〇〇二年五月、ザカーエフとの対話

[2004年8月/四六H/405頁/¥2,400+120] 著=アンナ・ポリトコフスカヤ 訳=三浦みどり 発行=日本放送出版協会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18924

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報