高祖岩三郎によるデヴィット・グレーバーのインタビュー(一部『VOL』に掲載)、08年11月に書かれた論文、『図書新聞』に掲載された対談を収録。 目次:[序文]共に考える場所、共に組織する時(高祖岩三郎)/[インタビュー1]新しいアナーキズムの政治(組織論について/戦術をめぐる攻防/戦略分析と実践倫理/ネグリと「前衛主義」について/「戦闘規約」の書き換え/共産主義社会に規制する資本主義/疎外と革命/9・11以後、運動はいかに可能か)/[インタビュー2]新しいアナーキズムの哲学(価値の測定と価値の実現/負債と貨幣/権利・私的所有・税/アナーキスト的世界システム論/マルクスとモース/幾人かの先駆的思想家たち)/[論文]負債をめぐる戦略/[対話]D・グレーバー+矢部史郎(前衛主義と暴力をめぐって/フェミニズムと低理論の実践/自立と表現)/ ほか

[2009年4月/四六判/212頁/¥2,000+100] 著=デヴィット・グレーバー 訳=高祖岩三郎 装釘=前田晃伸 発行=以文社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18246

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
新着情報