目次:クリーチャーからエイリアンへ─三船敏郎の初期黒澤映画的位置/ボディ・ダブル─黒澤的分身の成り立ち/「門」と「拠り代」─黒澤映画の空間構造/血の玉座─『蜘蛛巣城』論/犬、天使、悪人─「黒澤明と三船敏郎」作品解説

[2010年5月/四六H/327頁/¥2,600+130] 著=上島春彦 発行=作品社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23031

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
ジャンル別新着情報


月別アーカイブ