「革命の年にロシアに生まれ5歳でアメリカに渡った少女は、26歳で以後のビジュアル・アート史に決定的な影響を与える傑作『午後の網目』を発表する。その作品に自ら主演し、謎めいた神秘的な容姿を居売れるに人々に焼きつけたマヤ・デレン。彼女は6本の映画と1つの著作によって、今なお映画史上に輝く女神として様々なアーティストたちにインスピレーションを与えている」(表紙より)

[2010年3月/179分/¥4,700+235] 発売・販売=ダゲレオ出版 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mosakusha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/22715

サイト内検索
QUICK CARTの使い方
ジャンル別新着情報


月別アーカイブ