模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

●些末事研究 vol.5

 

[2020年6月/A5/73頁/¥700] 
特集=萩原魚雷 方法としてのアナキズム 
編/発=福田賢治

目次:
特集 荻原魚雷 方法としてのアナキズム

アナーキストが持つ文体 | 鶴見太郎
生活感 | 齋藤祐平
わたしとアナキズム | 荻原魚雷
丸めがねの二人 | 世田谷ピンポンズ
トークショー『ライター生活30年と古本』 | 荻原魚雷
魚雷さんの小さな声・・ | 東賢次郎
小さい声の本『古本暮らし』 | 森山裕之
ハガキ職人の頃 | 荻原魚雷
新旧よみくらべ | 原めぐみ
漢字二文字のひと | 蓑田沙希
予言の書「日常学事始」 | 増岡謙一郎
初期の高円寺文壇のこと | 河田拓也
荻原魚雷の人と文 | 木下弦二
荻原魚雷『半隠居遅報』(「QJWeb」)連載前の頃 | 森山裕之
魚雷氏の靴 | 福田賢治