模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2021年1月/A5H/512頁/¥4,300+430] 
発行=KK書房

目次:
社会の弁証法-社会観の探求のために
こぶし書房・増補新版まえがき
理論社版まえがき
理論社版あとがき
現代思潮社・新書版への序文

《社会観の探求》の構成について
(図解1) 『社会観の探求』の構成
(図解2) 認識の論理的・歴史的構造
(図解3) マルクス主義の主体化論
(図解4) マルクス思想の発展

社会の弁証法
I 人間と環境
1 人間の問題
2 環境と人間
3 実践的立場

II 社会と自然
4 社会の本質
5 自然史と社会
6 法則性

III 労働と技術
7 生産的実践
8 労働過程
9 技術

IV 人間の疎外
10 疎外の根拠
11 労働の自己疎外
12 疎外の諸現象

V 社会と階級
13 社会の法則
14 生産様式の発展〔省略〕
15 資本制生産〔省略〕

唯物史観と現代
A 輝きをますマルクス思想
B 混沌の世紀末世界
C 史観の消失
D 社会弁証法の構成のために
E いわゆる「唯物史観の公式」について