模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2020年11月/A5/144頁/¥909+91] 
特集=宗教界にとって安倍政権とは何だったのか  
発行=合同会社宗教問題

目次:
憲政史上最長の政権は宗教界に何を残したのか | 本誌編集部
[インタビュー]安倍内閣の防衛相だった私が靖国神社に行けなかった理由 | 稲田朋美
菅義偉と創価学会 | 中山雄二
安倍退陣後も戦いつづける“反公明”創価学会員の現在 | 古川琢也
選挙もできず内部も二極化、新宗連は“安倍後”を堂生きる? | 本郷四朗
安倍政権の向こうを張った保守党、幸福実現党はこのまま消えるのか | 尾上研一
安倍政権と統一教会、その“蜜月”を検証する | 中西尋子
[対談]安倍前首相にとって靖国神社とは何だったのか | 金子宗徳 vs 堀雅昭
「安倍政治の腐敗」に対峙してきた呪殺祈祷僧団の現在と展望 | 福島泰樹
安倍政権はなぜウイグル問題で中国と果敢に戦わなかったのか | 三浦小太郎
安倍とオウムと法務省 | 西通弘

ほか