模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆すごいぜ!菌類

 

[2020年7月/新書/192頁/¥800+80] 
《ちくまプリマー新書》 
著=星野 保 
発行=筑摩書房

目次:
第1章 「菌」とはナニモノなのか?
たかがばい菌、されどばい菌
人、菌類を知る
今、菌界に名を連ねる者たち
簡単に一人にはなれない
私の中の極限環境
ウチの菌はどんな菌?
新種はひっそりと隠れてはいない

第2章 「菌」として生きる

え!親戚だったの?
細胞の中にたくさんの核がある!
菌類の生き方(1)自分のコピーが増える(無性生殖)
菌類の生き方(2)自分と少し違う個体を増やす(有性生殖)
菌類の生き方(3)自分を変えて、そのコピーを増やす(疑似有性生殖)
時には速く、時にはゆっくりと進化する

第3章 「菌」はバイタリティーにあふれている
極限を生きる 温度プラス編
極限を生きる 温度マイナス編
それ美味いかな?重金属に耐える
他の生き物を利用してでも生きる
菌が感じ、考える

第4章 なまらすごいぜ!菌類(略)
ヒトが認めたそのすごさ
とは言え、人との関りNo.1は酵母だろう
戦争の置き土産
変わり者の力を借りる
暑さに負けず、塩対応も乗り切る
ミクロの世界が美しい
個体の寿命徒と種の寿命

おわりに 菌の生き方と人の生き方
イラスト たむらかずみ