模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2020年7月/A5/192頁/¥900] 
特集=追悼 梶井 純さん 
編=貸本マンガ史研究会  
発行=シナプス

目次: 
沈着冷静な研究者として | 権藤晋
批評の根っこ-梶井純を悼む | 山根貞男

梶井純さんを偲ぶ
長津君のこと | 田中勇
長津忠君への私見 | 須藤宣幸
梶井純を知らなかった | 内田鱗太郎
ご一緒にお仕事ができて… | 藤島隆
梶井純さんのこと | 野谷真治
貸本マンガと貸本文化への温かいまなざしに感謝する | 大竹正春
長津忠さんを偲びつつ | 服部友彦
長津忠君の思い出 | 堀俊夫
梶井純さんへ | つげ忠男
作務衣の似合うお兄さん | 池上遼一
問いが問われた | 奥山聰
梶井純から学んだこと | 筑井秀之
梶井純氏のこと | 石黒清
『執れ、膺懲の銃とペン」などについて | 野上暁
梶井純さんとの時間 | 久保隆
梶井純の威を借りおのれの周縁をめぐりみれば、いつしかことごとく大平出版すなわち長津忠に通じていたの弁 | 常盤茂
梶井純さんの思い出 | 石川淳志
ニレケヤキをめぐる | 三宅秀典

再録 梶井純の仕事
白土作品にみる〈子ども〉像
『ゴマスリ二等兵』(水木しげる)解説
松本零士さんへ
私記・山川惣治-「ノックアウトQ」を中心に
貸本業界が見ていたつげ義春
俗の俗なる「強者」の伝説
戦後を生きるイメージ
「時」のおもかげを描く
残れるはこれか、憤怒の記憶
自立した表現者の登場とその輝き
漫画家たちの「戦争」概説
追悼 楠勝平さんのこと
「そのうち、きっといいことが…」
魅惑の図書箱
石子さんとの日々
オーラル・ヒストリーとしての戦後・風景・貸本マンガ
「つげ義春」存在を映像化した『蒸発旅日記』
秋山清さんのこと
秋山清と私
古書旅日記
手づくりのボタモチの味は、さて如何
「いまでも自信はないんです」

『漫画主義』『貸本マンガ研究』掲載論考リスト
梶井純著作解題 | 三宅秀典・三宅政吉・高野慎三
梶井純(長津忠)年譜
梶井純さんの思い出 | 吉備能 高野慎三 ちだ・きよし 三宅秀典 三宅政吉