模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2020年4月/四六H/192頁/¥2,400+240] 
著=D・グレーバー 
訳=片岡大右 
発行=以文社

目次:
序論

第1章 「西洋的伝統」という概念の一貫性のなさについて
補足的覚え書き──西洋的眼差しの欺瞞性について
世界システム論を再構成する

第2章 民主主義はアテネで発明されたのではない

第3章 「民主主義的理想」の発生について

第4章 相互になされる回収
「影響論争」──アメリカ民主主義とイロコイ諸族
終わりなき再創設の営みとしての伝統
アフリカのフェティシズムと社会契約の理念
中国とヨーロッパ国民国家 

結論 国家の危機
民主主義と国家の不可能な結合

フランス語版のためのまえがき | アラン・カイエ

【付録】 惜しみなく与えよ──新しいモース派の台頭 | D・グレーバー

「あいだ」の空間と水平性──訳者あとがき | 片岡大右