模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

2019年のシンポジウム、講座の講演・質疑応答を修正したものです。

[2020年4月/B5/90頁/¥1,000] 
《テオリア論集10》 
著=雨宮処凛/高端正幸/高坂 勝/鳥井一平 
発行=研究所テオリア



目次:
■ロスジェネ世代の生きづらさと政治の責任 | 雨宮処凛
ロスジェネの「生きづらさ」
若者を自殺に追いやる労働状況
強まった自己責任論
「相模原」で始まったむき出しの優生思想
社会全体が実験場に
日本社会は「迷惑かけるな教」
世代間対立のワナに引っかからないために

■財政を「共同の財布」に-自己責任社会を終わらせる- | 高端正幸
税が嫌われる国日本
財政は何のためにあるのか
自己責任要求の強い日本社会
「無理ゲー」と化した自己責任社会
自己責任意識を内面化
嫌税感と社会の分断
嫌税感を煽った「受益なき消費増税」
嫌税感と人を支えない社会保障の悪循環
負担をいかに分かち合うか

■《生きづらさ》を強いる社会のこえ方 質疑応答

■ローカリズムの時代へ | 高坂 勝
「人間に戻る」地方への流れ
ローカリズムか衰退への加速か
2つの2050年の予測
グローバル化の光と闇
FEC自給圏
お金を地域で回す
ローカリズムは穏やかな革命
低消費の生き方へ
売上より幸福という会社
「半農半X」と新しい地域主義
複業の時代に
小さく生きて大きく社会を変える
人口減少社会は「縮充」社会
2040年のビジョン
成熟社会の可能性
中央集権と依存から地方分散・ローカル化へ

■移民社会・日本の課題 | 鳥井一平
真っ当な移民政策を
80年代に増えた移住者
存在しない労働ビザ
スタートした外国人春闘
場当たり的な外国人労働者受け入れ
実態は奴隷労働・人身売買
月400時間・時給300円
手取りがマイナスに
ニセ警官による強制帰国事件
人間扱いしない技能実習制度
がんじがらめの技能実習生
移民労働者受入政策の変遷
外国人労働者を禁句に
労働力と人は分けられない
移民に関するフェイク
始まっている多民族・多文化共生社会