模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2019年12月/A5/328頁/¥3,000+300] 
編=渋谷哲也/夏目深雪 
発行=森話社

目次:
前書き-二一世紀に増殖するナチズム | 渋谷哲也

I ETHICS - REPRESENTATION
01 現代の映像環境とナチス映画-ゾンダーコマンドとヒトラーはどこを歩くのか | 夏目深雪
02 ホロコースト表象の転換点-『サウルの息子』の触感的経験をめぐって | 田中 純
[column]フェイク
リアルは相反するのか-『帰ってきたヒトラー』 | 森 達也
03 キッチュで殺せ-ナチス・映画・小市民 | 生井英考
[column]ハイル、タノ! 我が生徒たちとのファシズム体験 | 田野大輔

II HITLER - GERMAN STUDIES
04 ナチス時代のドイツ人 | 田野大輔
05 戦後ドイツにおけるヒトラーの表象-悪魔からコメディアンへ | 高橋秀寿
06 ナチスvsニュージャーマンシネマ | 渋谷哲也
[column]壁の向こうの反ナチ映画-ドイツ民主共和国(東ドイツ)が描いたナチ時代 | 渋谷哲也

III AFTERMATH - OTHER COUNTRIES ? THEATER

07 石鹸と沈黙-イスラエル映画に見る生還者の表象 | 四方田犬彦
[column]ジャン | ピエール・メルヴィルの映画とナチス-「待つこと」をめぐって | 野崎 歓
08 アイヒマンの同郷人-ピナ・バウシュとナチズムの影 | 鴻 英良
[column]クリストフ・シュリンゲンジーフとヒトラー-欲望と注視の再分配 | 古後奈緒子

後書き-映画批評は生きているのか | 夏目深雪
ナチス映画50