模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2019年12月/A5/84頁/¥1,100+110] 
《GENJINブックレット70》 
編=第二東京弁護士会人権擁護委員会 
発行=現代人文社 
発売元=大学図書

目次:
インターネット上のヘイトスピーチに関する基礎知識 | 李春熙(第二東京弁護士会人権擁護委員会)
1 ヘイトスピーチとは
2 インターネットとヘイトスピーチ
3 インターネットというメディアの特性
4 インターネット上のヘイトスピーチについての法的責任
5 インターネット上の情報「削除」をめぐる現行制度
6 諸外国の対策例

インターネット書き込みの仕組み | 石田拡時(第二東京弁護士会人権擁護委員会)
1 インターネット上の「書き込み」の仕組み
2 「書き込み」の削除について
3 「書き込み」をした人を特定する方法

[コラム]
ヤフーニュースの「コメント」機能におけるヘイトスピーチについて

[基調報告]
インターネット上のヘイトスピーチをめぐる法制度の現状と課題 | 曽我部真裕(京都大学大学院法学研究科教授)
1 インターネット上の違法有害情報対策
2 インターネット上の表現規制
3 インターネット上のヘイトスピーチ対策
4 違法有害情報におけるヘイトスピーチの位置づけ
5 今後の課題

[報告]
インターネット上のヘイトスピーチ被害の深刻さ | 師岡康子(東京弁護士会)
1 ヘイトスピーチとは何か
2 ヘイトスピーチはどのような害悪をもたらすのか
3 どのような法規制が必要なのか
4 ヘイトスピーチ解消法の問題点

[報告]
ドイツを中心としたヨーロッパ諸外国におけるSNS上のヘイトスピーチ対策 | 金尚均(龍谷大学法学部教授)
1 日本の現状
2 インターネット上のヘイトスピーチ規制
3 ヨーロッパにおける対策の広がり
4 まとめ

[パネルディスカッション]
実効性のある被害者救済を考える
パネリスト:曽我部真裕・師岡康子・金尚均 コーディネーター:李春熙
1 現行法のもとで被害者がとりうる裁判手続
2 現行法上の問題点
3 裁判以外の救済方法――法務局
4 ヘイトスピーチの違法性――違法情報か有害情報か
5 有害情報に対する対策
6 迅速な被害者救済手段の可能性
7 プラットフォーム事業者の責任
8 インターネット上の表現規制
9 差別を規制する法制度
10 ヘイトスピーチと表現の自由
11 今後の課題
12 ヘイトスピーチ撲滅のために

インターネット上の人種差別的ヘイトスピーチ撲滅のために適切な対応を求める意見書