模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆社会運動 2020-1(no.437)

 

[2020年1月/A5/162頁/¥1,000+100] 
特集=もうテレビは見ない-メディアの変質とつきあい方 
発行=市民セクター政策機構 
発売元=ほんの木

目次:
[For Readers]
低下するメディアの信頼度 | 白井和宏(一般社団法人市民セクター政策機構 代表専務理事)

I.テレビの原点を探る
1.現在のテレビではこんな問題が同時多発的に起きている | 金平茂紀(ジャーナリスト)
2.政府の圧力に対抗できない日本メディアの構造 | 藤田早苗(英国エセックス大学人権センターフェロー)
3.「放送法」の原点に立ち返れ | 山田健太(専修大学教授 )

II.テレビはなぜ変質したのか

1.権力に迎合するNHKに求めたいこと | 池田恵理子(元・NHKディレクター)
2.「かんぽ生命保険不正事件」が見せたNHK幹部人事 | 森 巧(ノンフィクション作家)
3.NHKから国民を守る党とは、何者なのか | 畠山理仁(フリーランスライター)
4.オリンピックと原発 テレビ局との深い関係 | 本間 龍(著述家)
5.取材現場からファクトに向き合う | 堀 潤(ジャーナリスト )
6.「世間を気にするのがテレビのお笑い。そうした場で勝負するのは、やめました」 | 松元ヒロ(お笑い芸人)
7.憲法改正国民投票の現状 | 南部義典(シンクタンク「国民投票広報機構」代表)
8.市民が育てる「公共」としてのテレビ | 林 香里(東京大学大学院教授)

[連載]
韓国語翻訳家 架けられた橋の上に佇む 第2回
病院や介護施設でお国言葉の手すりにつかまる | 斎藤真理子(韓国語翻訳家)

悼みの列島 日本を語り伝える第14回
岐阜の僧侶たちが語ったあの時代、戦争の罪 | 室田元美(ライター)