模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆社会運動 2019-10(no.436)

 

[2019年10月/A5/200頁/¥1,000+100] 
特集=平和の少女像」が示す希望 韓国と日本の歴史を直視する 
発行=市民セクター政策機構

目次:
韓国の歴史年表

FOR READERS
「平和の少女像」に込められた想いを考えてみよう | 白井 和宏(一般社団法人 市民セクター政策機構 代表専務理事)
未来の世代と一緒に歩む平和の少女像 | 張 建(京畿広州未来の世代と一緒に歩む平和の少女像推進委員会)
日本の戦後処理と植民地支配責任 | 板垣 竜太(同志社大学社会学部教授)

1 日韓関係の事実を知っていく
日本による朝鮮侵略・植民地支配は、なぜ、どのように行われたのか | 庵逧 由香(立命館大学教授)
朝鮮戦争に対してなぜ日本人は「傍観者」でいられるのか | 五郎丸 聖子(日本近現代史研究者)
民主化運動―社会的公正を希求し続ける人びとの現代史 | 文 京洙(立命館大学国際関係学部特任教授)
日本軍「慰安婦」―その女性たちの話を「聞く」ことから | 渡辺 美奈(アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」館長)
日本軍「慰安婦」被害者たちの証言
徴用工―80万人の強制労働の歴史を捉えなおす | 竹内 康人(近代史研究者)
日本のマスコミは、韓国報道に対してなぜ腰砕けになったのか | 永田 浩三(武蔵大学教授)

2 歴史認識から未来へ歩き出す

協同組合がつくる日韓の交流、友好、未来
生活クラブ生協と韓国との交流の歩み | 牧島 佐代子(元・生活クラブ連合会女性委員会委員長)
韓日関係、未来を想像してみよう | 金 善和(幸福中心生協組合員)
国境を越えて平和の橋を渡って | 金 雨(元・ドゥレ生協連合会副会長)
戦争と植民地支配の罪と責任 ドイツから何を学ぶのか | 川喜田 敦子(中央大学文学部教授)
韓国と日本が生き残る道は共生共存しかない | 李 海学(住民ドゥレ生協顧問)
異なる歴史認識を持つ韓国と日本 どのような対話が可能なのか | 内海 愛子(恵泉女学園大学名誉教授)

解説コラム
日韓合意/三・一独立運動/光州事件/セウォル号事件/河野談話女性国際戦犯法廷

紹介コラム
本 『運命 文在寅自伝』 | 文 京洙
DVD『安重根伊藤博文を撃つ』 | 安田幸弘
教育プログラム 『キャンパスアジア・プログラム』 | 庵逧 由香

連載 韓国語翻訳家 架けられた橋の上に佇む 第1回
たった一人自分が読むためだけの翻訳もある | 斎藤真理子(韓国語翻訳家)

悼みの列島日本を語り伝える第13回
北海道にいまも眠る強制動員の犠牲者たち | 室田元美(ライター)