模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2019年8月/A5/192頁/¥1,800+180] 
著=山村 淳平/陳 天璽 
発行=現代人文社

目次:
はじめに
目にうつらない人をみる、とどかぬ声をきく | 山村淳平

第1章 社会をきりひらく一世
1 ロヒンギャのゆくえ
人間にとってたいせつなことをおこなう。それが、モスクでおこなっていることです。
アウン・ティン(ロヒンギャ系
日本人貿易会社経営
49歳
在日26年)

2 タミルの悲劇、いまだ終わらず
日本は平和で安全。ここ日本で平和にくらしたい。
ラビ(仮名)(無国籍
スリランカ・タミル民族
塗装業
49歳
在日28年)

3 地域にくらすクルド人
トルコでクルド人は社会的地位につけない。日本にきてはじめて、それを手にいれられる。
クリンチ・エルマス(トルコ
クルド民族
主婦
49歳
在日17年)

4 ベトナム出身のシスターの足跡
無国籍という国籍で、世界中あちこち自由にいけたら、それがいちばんいいです。
マリア・レ・ティ・ラン(無国籍
カトリック修道女
54歳
在日27年)

5 山の民からの声
アジア開発銀行のODA援助によって、わたしたちのコミュニティがこわされています。
ディプティ・シャンカー・チャクマ(無国籍
バングラデシュ・ジュマ民族
会社員
46歳
在日15年)

第2章 開拓精神をひきつぐ次世代 
  
1 小さなことからはじめる
もう一歩ふみだせば、その子の給食もハラールでつくれるようになります。
長谷川留理華(ロヒンギャ系日本人
主婦
29歳
在日17年)

2 親の文化をつたえたい
いかなるうつくしいものでも、形あるものは、すべてほろびる。
塩田ドルジ(渡留侍)(チベット・ネパール系日本人
作業療法士
39歳
在日16年)

3 一世とニ世のあいだ
なに国人としてカテゴリーにいれられ、枠にはめこまれます。でも、そこからはずれた人は、かならずでてきます。
| ミヤ(仮名)(ビルマ
カチン民族
大学2年生
19歳
日本うまれ)

第3章 インタビュー

陳天璽(早稲田大学教授、無国籍ネットワーク代表)さんに聞く わたしは、わたし国籍からの解放?無国籍の思想

第4章 社会と歴史をうつしだす少数民族と移民 | 山村淳平
1 少数民族からみた国民国家
2 移民とはなにか

おわりに
無国籍、移民、難民、そして、われわれ一人ひとりが社会の主役 | 陳 天璽

資料
日本および世界における移民・難民にかんする統計 | 山村淳平
本書をよりよく理解するための用語解説 | 山村淳平

コラム
身分証明書あれこれ | 山村淳平  
1)‘あの世ゆき’のパスポート
2)母子健康手帳、その出生の秘密
3)不便きわまりない再入国許可書
4)紙切れの難民認定証明書、役たたずの難民旅行証明書
5)独占の医療産業
6)在留カードにおける国籍欄のインチキ性 
7)「番号なんかでよぶな!」