模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆桐山襲全作品 2

関連書籍:
桐山襲全作品1

[2019年7月/A5H/592頁/¥6,800+544] 
著=桐山襲 
発行=作品社

目次:
1 小説
聖なる夜 聖なる穴
亜熱帯の涙
十四階の孤独
J氏の眼球
都市叙景断章
そのとき
リトゥル・ペク
プレセンテ
神殿レプリカ
S区夢幻抄
未葬の時

2 評論・エッセイほか
大逆と死刑
妄執の人・奥崎謙三
第三書館北川明氏を批判する
第三書館北川明氏を批判する[第2回]
'87私の三冊
啄木と爆裂弾
第三書館北川明氏を批判する[第3回]
アンケート 強制と暴力をはねのけよう
《幻境》としてのオキナワ
多木浩二『天皇の肖像』
学校怪談
恐ろしい話
最近景'88
異説 東京裁判 その主文と理由
崩御したまいし日
平成元年の翼賛文学名簿-文学方面のこと
批判ならば結構だが
バリケードから20年 都市叙景断章
インタビュー文芸時評 小説の読み方作り方 桐山襲と「都市叙景断章」(聞き手・富岡幸一郎)
大アンケート “どう見る ペレストロイカ”
黒古一夫『大江健三郎論』
辺境Q地区から
道浦母都子『無援の抒情』
笹山久三『飢餓船』
新人作家33人の現在
偏在する暴力(テロル)と暴力(テロル)の科学
インタビュー この現在と違う現在を 世界資本主義の勝利に抗して(聞き手・黒古一夫)
駒場公園散策
丸山建二『野に降る星』
永山則夫に書かせよ!
永山則夫の孤独
メディアという暴力-『早稲田文学』の場合を中心に
笹山久三『四万十川-あつよしの夏』
「東アジア反日武装戦線」逮捕から15年
インタビュー 文学のテーマとしての政治(聞き手・黒古一夫)
闘癌つれづれ
無何有郷の光と暗澹
望みなきときにも
緊急アンケート ソ連消滅と共産党解散の意味するもの
ファシズム、天皇制、そして抵抗

解説 | 笠井潔