模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2019年6月/A5/240頁/¥2,400+192] 
著=森口 豁 
発行=彩流社

目次:
プロローグ 「紙ハブ」と呼ばれた男

第1章 神童「三良(サンルー)」の誕生
第2章 思想の芽ばえ
第3章 「鉄の暴風」下に生きる
第4章 軍政下のジャーナリスト
第5章 大衆運動と言論人
第6章 「新(みー)ヤマト世(ゆ)」のなかで

エピローグ 池宮城秀意と七人の子供たち

あとがき

少し長い、二度目のあとがき
帰れ「琉球」へ-池宮城秀意と金城哲夫をめぐる旅

本書関連年表
主要参考資料・文献