模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

  ピンク映画なのに虎のマスク?あのタイガーセブンにピンキー・バイオレンスが加味された幻の作品に言及。
そして「虎と狼は違う」と語る伝説の新宿タイガーと「ポルノの帝王」の友情。
かつて韓国で一度だけ虎のマスクを被った男。
表社会では決して語られない「虎の雄たけび」特集号!

[2019年5月/A5/60頁/¥1,000] 
責任編集=切通理作 
編集=今井敦
イラスト=いちろう、小滝正大
発行=シネ★マみれ

特集『溢れる淫汁 いけいけ、タイガー』(2019年フリーク・アウト/オーピー映画)
●主演女優・佐倉絆 監督・国沢実 対談
「頭ぶっ飛んだ同士、何も言わなくてもわかるんです」

●脚本・切通理作が語る『いけいけ、タイガー』

●識者たちから見た『いけいけ、タイガー』
・白石雅彦(『ウルトラセブンの帰還』)
・秋田英夫(『上原正三シナリオ選集』)
・寺岡裕治(『映画はどこにある』)

●脚本完全採録

●『ピンク・ゾーン2 淫乱と円盤』(2018年、国沢実監督、切通理作脚本)関西特別上映トーク採録
竹内義和×切通理作

特集『新宿タイガー』
●スペシャル対談 新宿タイガー×久保新二with佐藤慶紀監督

特別寄稿
●タイガーセブンと内藤まこと 筆・内藤研(内藤誠監督のご子息)

コラム
●元祖タイガーマスク サムソン・クツワダ 筆・今井敦