模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2019年4月/A5/207頁/¥1,111+89] 
特集=政治の季節がやって来た 書を持って、街に出よう! 
発行=情況出版

目次:
[インタビュー]
雁屋哲・池上僚一:『男組』-物語の鬼才と天才絵師による伝説のコラボ
菅孝行・天野恵一:天皇代替わりを撃て!反天皇制運動の現在
菊田幸一:死刑廃止こそ、近代国家への入り口である
早稲田アナキズム研究会:謎の団体を解剖する!

[対談]
柄谷行人×樋口陽一:憲法の無意識と有権者の怠慢-自民党政権が国会発議できない理由

[座談会]
政治的想像力は移民社会の現実を超えるか? | 笠井潔・高橋若木・杉田俊介・藤田直哉

[opinion]
「3・11後」とは別様に 新入管法と運動史の切断 | 高橋若木
近代天皇制と戦後民主主義ユートピア 捏造された伝統・平和主義のひみつ | 塩野谷恭輔
カモノハシ協会の活動 | スモール・ヒューストン(カモノハシ協会)
法を侵す権力-沖縄と釜ヶ崎の現場から考える | 遠藤比呂通
パリは燃えている | 伊藤琢麻
福島の現実は差別や偏見との闘いである-田所敏夫氏の浅はかな開沼博論 | 小波秀雄
明治維新75年-小説『北一輝』外伝 西園寺公望 最後の元老-激動の政治とパリコミューンの理想 | 古賀暹
続報!『続全共闘白書』プロジェクト
新左翼運動クロニクル 1968年闘争と内ゲバ主義の克服(前編) | 国富建治
東洋大学における竹中批判の立て看事件の真相 闘う同志たちへのメッセージ | 船橋秀人
渕上太郎さん遺稿『原子力村と闘う方法』冒頭抜粋

[読後感]
『人称を巡って臨床哲学の諸相』 | 広瀬浩司
『赤松小三郎ともう一つの明治維新』 | 高橋壮
『そろそろ左派は「経済」を語ろう』 | 中野英夫
『入門 資本主義経済』 | 塚本恭章
『対米自立』 | 菅原秀宣

[追悼]
岡留安則・高取英・大賀達雄・佐竹茂・渕上太郎