模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆社会運動 2019-4(no.434)

 

[2019年4月/A5/182頁/¥1,000+80] 
特集=学校がゆがめる子どもの心 
発行=市民セクター政策機構 
発売元=ほんの木

目次:
[年表]道徳の歴史
I 道徳、教科書、学校のいまを知る
FOR READERSココがヘンだよ日本の学校 | 白井和宏(一般社団法人市民セクター政策機構・代表専務理事)
道徳教科書には何が書かれているのか
「中断読み」で道徳教科書を無力化する | 宮澤弘道(公立小学校教員)
大阪維新体制下、学校教育に競争原理が持ち込まれた | 平井美津子(大阪府公立中学校教諭)
“もの言わぬ教員”が増えてしまった理由 | 前屋毅(フリージャーナリスト)

II 道徳「教科化」の背景を考える

道徳教育の歴史と「教科化」の危うさ | 池田賢市(中央大学文学部教授)
安倍政権が進めた道徳の教科化?多元的な価値観による転機を | 広田照幸(日本大学文理学部教授)
複雑な仕組みで権力統制を隠す教科書づくりの舞台裏 | 吉田典裕(日本出版労働組合連合会教科書対策部事務局長)

III これから私たちにできること

教科書採択で市民ができること | 伊藤望東子(公正な教科書採択を求める大田区民の会世話人)
主権者、民主主義の担い手を育てる教育を | 藤沢の教科書・採択問題にとりくむ会
公立小・中学校教科書の採択手順
歴史はこうしてゆがめられる | 北宏一朗(歴史を学ぶ市民の会・神奈川)
道徳教育をゲームとしてデザインし直す | 藤川大祐(千葉大学教育学部教授)
オランダの学校から考える「道徳教育」ではなく「シチズンシップ教育」を | リヒテルズ直子(教育・社会研究家)

連載エッセイ第7回 韓国語翻訳家の日々「子育てはつづくよ」
イ・ランのことを話そうと思う | 斎藤真理子(韓国語翻訳家・ライター)

悼みの列島 日本を語り伝える 第11回
原爆、強制労働 長崎が記憶する戦争 | 室田元美(ライター)