模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆在日朝鮮人とハンセン病

 

[2019年3月/四六判/312頁/¥3,200+256] 
著=金 貴粉 
発行=クレイン

まえがき 問題の所在と課題

I ハンセン病対策と朝鮮人
1.戦前日本の癩対策と朝鮮人
1)日本における隔離政策の始まり
2)朝鮮における隔離政策
3)日本への朝鮮人の流入と発病
4)在日朝鮮人ハンセン病患者の発病と入所経緯

2.戦後日本のハンセン病対策と朝鮮人
1)療養所における在日朝鮮人ハンセン病患者と出入国管理体制
1.外国人登録証への反発
2.ハンセン病患者への強制退去に関する記載

2)在日朝鮮人ハンセン病患者への取締り強化
1.「韓国癩」への取締りと「癩刑務所」設立要求
2.「密入国」朝鮮人患者と大村収容所菊池分室

3.ハンセン氏病患者同盟結成と年金闘争
1)国民年金法制定と朝鮮人入所者   
2)在日朝鮮人・韓国人ハンセン氏病患者同盟の結成
3)全患協、全盲連による後援
4)朝鮮人年金獲得運動に対する日本人入所者からの批判の声
5)日本人知識人による無理解
6)全患協、全盲連との共闘による「解決」

4.南北分断と朝鮮人入所者
1)南北分断による入所者同士の思想対立
1.北朝鮮への帰国熱
2.帰国者のその後
3.韓国への帰還
4.帰還がかなわなかった入所者

II 療養所という場所で
1.療養所に生きる
1)療養所の暮らし
1.患者作業
2.恋愛・結婚
3.識字と在日朝鮮人

2.それぞれの個人史
1)具奉守
2)金相権
3)金潤任
4)金夏日

3.望郷の思い
1)朝鮮半島への一時帰国
1.韓国への帰郷
2.韓国への集団里帰り
3.北朝鮮への帰郷
2)ここ日本の地で
1.アリランの会
2.外部からの慰問公演
3.在日同胞、本国への支援活動

あとがき
主要関連文献
在日朝鮮人入所者関連文献
関連年表
資料