模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2019年3月/四六H/416頁/¥2,700+216] 
編=瀬戸夏子 
発行=書肆子午線

すべてが可能なわたしの家で-まえがきのかわりに

I エッセイ
ジ・アナトミー・オブ・オブ・デニーズ
音たてて銀貨こぼれるごとく見ゆつぎつぎ水からあがる人たち/小島なお
「テーブル拭いてテーブルで寝る」(雪舟えま)のは?
〈有無〉、〈無無〉、〈有有〉
土星のリング
思い出ステーション
旅嫌いには、旅は心中にみえる
東京2020にも君が代ならば君のかかとの桃色がいいさ
瀬戸夏子を殺すいくつかの方法
キャラクターだから支流も本流も(石田柊馬)
悪い夏の、アナイス・ニン

II 評論
穂村弘という短歌史
私は見えない私はいない/美しい日本の(助詞の)ゆがみ(をこえて)
「手紙魔まみ、イッツ・ア・スモー・ワールド」、あるいはふたたび書き換えられた『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』の結末について
自選歌五首への批評
「愛」について語るときに「私」が語ること
(ああ、…よ、君死にたまふことなかれ、――歌は刃を握らせて、母を殺せとをしへしや、…?)
巻頭言(『率』七号特集〈前衛短歌〉再考)
以後のきらめき ─ 荻原裕幸論
序―我妻俊樹誌上歌集『足の踏み場、象の墓場』について
中井英夫・中城ふみ子往復書簡について
「率」三号フリーペーパーにおける「東西短歌会特集」に関する前書き
反=Lovers change fighters, cool ― 高柳蕗子『短歌の酵母』
ヒエラルキーが存在するなら/としても
man&poet
斉藤斎藤一首評
渡辺松男一首評
『京大短歌』十七号作品評
彼らと彼と彼らについて ─ 『クズとブスとゲス』映画評
輝きの代価さえも美しいのなら、あなたたちは処刑に値するのかもしれない ─ 小林エリカ著『彼女は鏡の中を覗きこむ』書評

III インタビュー、ブックガイド、日記
瀬戸夏子ロングインタビュー
わたしをつくった10冊
ほとんど真夜中に書いた日記
20170507

IV 歌壇時評
第一回 このまずしいところから、遅れてやってきて
第二回 「死ね、オフィーリア、死ね(前)」
第三回 「死ね、オフィーリア、死ね(中)」
第四回 「死ね、オフィーリア、死ね(後)」
第五回 「人間」にとって「アイディア」とは何か
第六回 「わからない」というレッテルを剝がしてから

V 作品
満月まで十五秒の階段にて
約束したばかりの第一歌集と星と菫のために
わたしよりもアンネ・フランク(愛の処刑)

あとがき