模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2018年10月/四六H/384頁/¥3,600+288] 
著=千坂恭二 
発行=航思社

目次:
第I部
存在 国家を撃つテロルの地平
歴史 歴史のなかの〈生〉と〈死〉
超人 ネチャーエフ
暴力 歴史における巨視と微視

第II部
国家 無政府主義革命の黙示録
序 アナキズムへの確執
第1章 総論・視座-未踏領域へ
第2章 国家廃棄-共同体の指標
第3章 組織論-黙示録の共同体
第4章 世界革命綱領の視座
付章

内戦 ロシアの背理と革命の逆説
軍隊 不可能性のインタナショナル

第III部
時間 〈国家性時間〉と都市
犯罪 犯罪者と革命家の十字路
肉体 時間の仮構とその所有

[新版補遺]
反アナキズム論序説-唯一的革命の神話と構造
無政府主義

[解説]
“癖”に昂まった原理 | 松田政男
〈観念〉の力 | 山本光久