模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

目次:
序論
第一章 診断-動物をめぐる道徳的滅裂
第二章 動物実験-騙されがちな問題
第三章 道徳的滅裂の根源-財産としての動物
第四章 道徳的滅裂の治療薬-平等な配慮の原則
第五章 ロボット、宗教、理性
第六章 牛を飼って牛を食べる-ベンサムの過ち
第七章 動物の権利-わが子を救うか、犬を救うか
補論-二〇の質問(と回答)

[2018年5月/四六H/352頁/¥2,800+224] 
著=ゲイリー・L・フランシオン 
訳=井上太一 
発行=緑風出版